リンパドレナージュの今後

エステで行われているリンパドレナージュの施術は、リンパの流れを活性化することによって、むくみや冷え性といった女性特有の不調を改善に導くこと。同時に、小顔の実現や、痩身までをも目的とし、お客さんが目指す美の追求に応えることに重点が置かれています。

 

一方、サロンを訪れるお客さんの中には、サロンの落ち着いた調度の中で、アロマの芳香のもと、施術者の思いやりに満ちた、緩やかなマッサージによるケアを求める人もいるでしょう。

 

リンパドレナージュの施術には、日ごろのさまざまなストレスから解放され、心身を休めるリラクセーション効果を目的として訪れる人も少なくないはずです。

 

ストレスや疲労から心身の不調を抱えている女性は、増加の一途をたどっています。マーケティングの大手・矢野経済研究所の調査によると、リンパドレナージュなどのボディケア市場は、客単価は下がる反面、店舗の微増傾向が続いているようです。

 

リンパドレナージュは、ラジオ波などのマシンを使う痩身エステとは異なり、オールハンドのリンパケアとなりますし、施術の終了後に、目を見張るような効果が現れるわけではありません。

 

リンパドレナージュには、オールハンドによる施術を受けることによって、リラクゼーションの
時間を楽しみ、心身ともにスッキリできた、とするお客さんが多いことが特徴です。

 

そんなお客さんが、継続的に通ってきてくれることは、サロンにとって、理想的で、
リンパドレナージュとサロンの相乗効果が、お客さんの心身に、よい影響をもたらした結果と
言えます。

 

そのために大切なのは、サロンに勤務するスタッフの人格などの要素です。

 

今後、生き残っていくのは、お客さんの心身両面のケアまでを可能とする、有能なスタッフを
擁するサロンではないでしょうか。

 

リンパドレナージュの技能はもちろんのこと、お客さんとしっかりコミュニケーションでき、
通り一遍に終わらない、高い美容・健康への知識に裏打ちされたカウンセリング能力をもつ
スタッフが、サロンの命運を左右する、と言っても過言ではないかもしれません。