リンパドレナージュの資格の難易度はどれくらい?

リンパドレナージュの資格を取得しようと考えておられる方にとって、その難易度というのはとても気になる部分なのではないでしょうか。

 

ここでは、リンパドレナージュの資格取得の難易度について、ご説明していきます。

 

難易度はどれくらい?

リンパドレナージュの資格は、同じセラピストと称されていても、その中で美容と医療の2種類に分類されます。

 

美容リンパドレナージュと医療リンパドレナージュでは、その施術内容や学習内容が大きく異なります。

 

美容リンパドレナージュ

エステなどで行われるリンパドレナージュです。リラクゼーションや、美容効果を高めることを目的としています。

 

中には骨盤矯正をとりいれたようなものもあります。最近では、エステなどのサロンだけではなく、介護施設などでも取り入れられています。

 

医療リンパドレナージュ

病院などで治療中の患者さんに対し、リンパ浮腫を緩和していくことを目的としています。医学的知識が必要となります。

 

これら2つのリンパドレナージュがあるのですが、美容リンパドレナージュはさほど難易度が高くありません。

 

どなたでも受講することが出来、比較的気軽に受けられる講座となっています。認定試験がありますので、その点だけは注意が必要です。

 

アロマテラピストなどの資格も同時に取得できるような講座もありますので、自分の目的に合わせて受講してみてくださいね。

 

医療リンパドレナージュを学ぼうと思うと医学知識が必要となりますので、かなり難しくなってきます。

 

その中でも、リンパ浮腫療法士などの講座を受講しようとする場合には、医師・看護師・理学療法士といったような資格を所持している方のみとなっています。

 

そのような国家資格を必要とされる時点で、すでに難易度が高いと言えます。

 

民間資格です

エステなどで使用される美容目的でのリンパドレナージュの資格は、民間資格です。

 

ですので、それらを認定する団体によって、資格名が異なります。その多くは、「リンパケアセラピスト」というような名称となっています。