リンパマッサージとオイルマッサージの違いとは?

リンパに対する施術は耳にする機会が増えました。専門に行っているサロンもあり、定期的に通うという方も増えてきています。

 

身体のリンパ機能に直接働きかけるため、禁忌事項などもあるようなので信頼のおけるサロンを見つけると安心して施術を受けられるようになります。それぞれのマッサージの強みと自分の目的に合わせて検討していくべきです。

 

リンパマッサージはリンパの流れを根本から良くすることが目的です。それとは異なり、オイルマッサージは香りの良いアロマオイルなどを使い身体をマッサージして心地よい刺激を肌に与えることにより、身体の疲れを癒したりリラックスさせることが目的です。

 

リンパマッサージも施術の際に滑りを良くするためにオイルを使用することがありますが、オイルによる癒しの効果よりも手技によるリンパケアに重視している点がオイルマッサージと異なります。

 

オイルマッサージもリンパ系に働きかける施術があるようですが、リンパのケアのみに重点を置いていない点がリンパマッサージと異なります。

 

また、アロマオイルが肌に与える保湿効果なども、オイルマッサージ特有の効果と言えます。

 

リンパマッサージとオイルマッサージはそれぞれどの様な人に向いているか?

リンパマッサージとオイルマッサージの違いについて知ったところで、それぞれの施術がどの様な人に向いているかを見ていきましょう。

 

まずリンパマッサージは体内の毒素を排出することを目的としていますので、定期的にサロンへ通うことが多いようです。一方でオイルマッサージはリラックスを目的としていますので、定期的に通うというよりもその都度施術してもらうという印象があります。

 

通う頻度はサロンの方針によっても変わりますので、電話などで前もって問い合わせしておくのが良いでしょう。

 

また、オイルマッサージは精油を使うため肌の弱い人の場合、かぶれてしまうことがあるなど注意が必要です。しかしながら、自分の好きな香りやその効果を選んで施術して貰える楽しみがあります。

 

リンパマッサージの場合はむくみなどに効果があるとされるため、サイズダウンしたい方にお勧めです。