リンパドレナージュ資格を取得する費用はどれくらい?

講座の費用を比較するなら♪

ブラッシュアップ学びロゴ

ブラッシュアップ学びキャプチャ

スクール掲載数No,1の一括資料請求サイトです。100以上あるリンパドレナージュの講座(通学・通信)を一覧比較、まとめて資料請求できるので便利です。3万円くらいで学べる通信講座から、60万円以上もする通学制のプログラムまで様々あるので、自分の目的に合ったものを選びましょう。無料で送られてくる資料には、講座の内容や料金以外にも、自宅サロンを開業して成功した先輩の事例や、修了生の就職実績などが掲載されていて参考になります。

無料で資料を請求する

 

 

価格のみの比較は意味が無い!

医学的な画像

リンパドレナージュは、医療業界や美容業界で大きな注目を集めています。

 

各業界でリンパに対して効果的な施術ができる人材を求めているため、この資格に対する需要は急速に拡大しているものの、まだまだ需要に対してニーズが追いついていない状況です。

 

言い換えれば、これから活躍していくうえで、競合の少ない狙い目の市場とも言えます。

 

リンパドレナージュは、ただのリラクゼーション・マッサージではなく、医学や解剖生理学に基づいた医療技術になります。

 

就・転職を検討中の方は、まずは資格を取得して、専門的な知識・技術を身に付けることをおすすめします。

 

また資格を取得する方法は複数あり、それぞれ学べる内容や取得できる資格も異なるため、単純な価格のみの比較は意味がありません。

 

まずは、自分が学習する目的を明確にしたうえで、それに合った学び方をするには、どれくらいの費用がかかるのか、という視点を持つことが大切です。

 

通信と通学、どちらを選択する?

学習形態には、大きく分けて「通信教育」「通学講座」の2つがあります。

 

どちらを選択するかによって、費用も大きく異なります。

 

一般的には、通学講座の方が費用が高め、通信講座の方が安価な傾向にあります。

 

自分のライフスタイルや将来の目標も照らし合わせたうえで、どちらが自分に合っているのかを選択すると良いでしょう。

 

通信教育の費用はどれくらい?

勉強の画像

通信教育の場合、約3万円〜20万円近くするものまであり、平均すると5万円くらいの講座が最も多いです。

 

10万円以上も価格に開きがある場合は、単純に「学習期間」の違いと考えて良いでしょう。

 

3万円で学べる講座は1ヶ月程度の学習期間が設定されているのに対して、20万円で学べる講座は学習期間が12ヶ月に設定されています。

 

どちらの講座も、教材は「テキスト」と「DVD視聴」を中心に進行し、分からない部分などがあればその都度メールや電話で質問する形式になります。

 

通信教育を受講するメリット

中には、授業の一部を実際の教室で受講する「スクーリング制度」を設けている講座もあります。

 

この場合も講習日時は夜間や休日などを含め、自分の都合に合わせて自由に設定ができます。

 

通信教育であれば、仕事や家事を両立しながら資格の取得を目指す方でも、自分のペースで学習を続けていけるメリットがあります。

 

通学講座の費用はどれくらい?

リンパドレナージュの画像

リンパドレナージュは、医療分野でも活用できるほどの高度な技術です。

 

中には、医療業界への就職や独立開業などを目指し、より専門的な知識を、直接プロの講師から学びたいと考える方もいると思います。

 

そんな方には、通学講座がおすすめです。通学講座の費用は、20〜30万円前後が平均的な価格帯となっており、高いものだと50万円以上するものまであります。

 

通学講座でも、価格に大きな開きある場合は、主に「学習期間」の違いだと考えて良いでしょう。

 

基礎から応用まで全てのコースを一貫して学べる講座もあり、この場合、基礎コースのみで修了すればあまり費用を掛けずに受講が可能ですが、高度な技術を学べるプロフェッショナル講座まで受講するとなると、そのぶん費用は高くなります。

 

また医療系に特化した協会では、看護師や理学療法士などの医療従事者のみが受講できる講座を開設しており、受講料は約50〜80万円と若干高めの設定となっているので注意が必要です。

 

他にも、リンパドレナージュの本場であるフランスに渡り、海外研修を実施している講座もあり、こちらも研修費用がかかるため費用は高めです。

 

通学講座を受講するメリット

現在、日本においてリンパドレナージュに関する国家資格はありませんが、各医療協会などが実施している講座を受講することによって、業界における知名度・信頼性ともに高い資格を得ることは可能です。

 

若干難易度は高いものの、その資格さえあれば、医療機関への就職が有利に進んだり、自分でサロンを始める際に協会資格を取得したセラピストであることをアピールできたり、たくさんのメリットを得られます。

 

通学講座の場合、通信教育に比べて若干ハードルは高いですが、本気でこの業界でやっていく、という強い意気込みがある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

講座を選ぶ際の注意点

リンパドレナージュの画像

リンパドレナージュにはいくつか協会があり、それぞれの講習を終了すると資格が付与されます。

 

有名な協会には「社団法人ICAA医療従事者研究会」「一般社団法人リンパ浮腫指導技術者養成協会」「日本DLM技術者会」などがあります。

 

各協会によって、美容系に特化したカリキュラムであったり、医療系専門のカリキュラムであったり、内容が異なるため、自分の目的に合った講座を探すのが良いでしょう。

 

また、資格取得後に仕事に就きたいと考えている方は、無償で「就・転職サポート」が付いている講座がおすすめです。

 

専任コンサルタントが、ハローワークや求人サイトには掲載されない「優良求人」を優先的に斡旋してくれるので、仕事探しに苦労することもありません。

 

無料の案内資料を取り寄せれば、過去の受講生の就職実績などが細かく載っていますので、必ず確認したうえで申し込むようにして下さい。

 

講座の費用を比較するなら♪

ブラッシュアップ学びロゴ

ブラッシュアップ学びキャプチャ

講座掲載数No,1の「スクール比較サイト」です。リンパドレナージュの講座は、通信・通学を含めると全国に100以上あり、全て自力で調べるのは大変な作業です。比較サイトを活用すれば、一目で複数講座のカリキュラム・取得資格・費用などを比較、まとめて資料請求ができるので便利です。資料には、講座の詳細以外にも、業界動向やインタビュー記事などが豊富に掲載されており、パラパラと眺めているだけでも新しい発見があって楽しいですよ♪

無料で資料を請求する