リンパドレナージュのセラピストとして独立するメリットとは?

需要の高まっているリンパドレナージュは独立開業することで、より多くの収益を得られる可能性もあります。

 

ですがそれに伴って自分自身で行っていかなければならないことも増えるため、一概に資格があり経験を積んだからといって独立するのが最良の方法とは限りません。

 

独立開業におけるメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

リンパドレナージュで独立するメリット

リンパドレナージュの資格で手に職をつけ、サロン開業が夢という人も多いはずです。特にファッション誌などでも取り上げられることのある美容系のリンパドレナージュは、注目度も高く有望資格と言えるでしょう。

 

ではリンパドレナージュのサロン開業のメリットを見ていきましょう。

 

第一のメリットは少ない資金で始められることです。一般的な店舗での開業には300万円程必要と言われますが、自宅開業の場合は店舗の改装費や店舗を借りる費用がかかりません。

 

また特別な施術用の機材を用意する必要が無く、自分の腕一本で出来る施術が多いので、施術用のベッドやタオルなどがあればミニマムに開業できます。

 

第二のメリットは営業時間や営業日を自由に決められることです。子供が学校へ行っている時間だけ営業する、本業が休みの時にサロンを開店するなど、家庭や仕事との両立がはかりやすいでしょう。

 

技術は一生ものなので自身の生活環境が変わっても自分の裁量でサロンを経営できるというところが、リンパドレナージュとして独立することの強みではないでしょうか。

 

リンパドレナージュで独立するデメリット

今まで独立のメリットを見てきましたが、デメリットにはどの様なものがあるでしょうか。

 

まずは、オーナー兼リンパドレナージュとして、経営事務も含め全てのことをしなくてはいけないことです。いくら事務が苦手でも、サロンの経理はもちろん税務申告も行わなくてはなりません。

 

また一からお客様を集めて継続利用してもらえるよう、広告や宣伝を自ら行う必要があります。少ない資金で開業したいなら、ポスティングやホームページ作成なども自分で行う必要があるでしょう。

 

また最初は珍しさから来店したお客様にリピートして貰えるよう、様々な戦略を考えなくてはいけません。リンパドレナージュのサロンに関わらず、1年未満で閉店してしまうサロンが多いと言われる現在、技術だけでなくサロンの雰囲気やコンセプト、オーナーの人柄なども大事と言えるでしょう。

 

最高の技術を持っていても、店の総合力で他のサロンに負けてしまう可能性がある点が、セラピストとして独立するデメリットではないでしょうか。