『リンパドレナージュ』のスキルを身につけるための学習方法

ヨーロッパで長く代替医療に用いられてきたリンパドレナージュは、日本でも、現在、介護・福祉面ではおなじみの施術です。デトックス効果や血行促進などの効能が、美容面でも広く認知され、数多くのエステやリラクセーションサロンで施術が行われるようになりました。

 

一方、リンパドレナージュの効能に強い関心を持ち、医療や美容の仕事に活かしたい、また、家族のため、セルフケアのために学びたい、とする人も増えています。リンパドレナージュについては、ネット上にもさまざまな「リンパの流し方」などのサイトがありますが、誤ったやり方で行うと、逆効果となる場合もあるので注意が必要です。

 

リンパドレナージュを学びたい場合、おすすめは、スクールの受講と資格の取得です。ただ、スクールは、医療系と美容系が明確に分かれており、医療系の場合、受講資格が医療従事者に限られているなど、自分の好みでは選ぶ余地がないのが実情です。

 

垣根のないのが、美容系のスクールです。人間の身体の仕組みや解剖生理学、リンパの流れについて、基礎知識から系統立てて学習。カリキュラムの終了後、認定試験への合格によって、資格取得となります。

 

スクールには、通学制と通信制、2通りの講座が開講されていますし、認定資格もさまざまです。通学制では、その道のプロから、直接、講義を受け、人の肌に触れながら手技の手ほどきを受けることができます。

 

業界の最新情報なども聞くことができるリアルな環境の下、みっちりと学ぶことが可能です。スクールでは、ヒューマンアカデミー、SEAS メディカルリンパアカデミー、トップセラピストカレッジなどがあります。

 

通信講座は、仕事を持つ人や小さなお子さんを持つ主婦に利便が高いものです。キャリアカレッジジャパンに加えて、前出のSEAS メディカルリンパアカデミーにも通信講座が用意され、自宅受験が可能な認定試験への合格によって、資格取得となります。スクーリング付の講座を選ぶことによって、ひととおりの手技を学ぶこともできます。